本場スイスで食べてみたい!口の中でとろける絶品チーズ料理

なぜか日本人の憧れの国であることが多いスイス。あなたはスイスにどのようなイメージを持っていますか?九州くらいの大きさしかない国土に、ハイジの世界がそのままに広がっている大自然、世界中からの企業が集まる都市、石畳の道に可愛らしい家が立ち並ぶ町と魅力満載です。4種類もの公用語があるスイスでは、地方によって食事文化もまばら。それでも、共通して美味しいのはやっぱり乳製品!!今回はスイスで絶対食べてみたいチーズ料理を紹介します。

最近、日本でもだいぶ馴染んできた代表格はチーズフォンデュ。でも、フォンデュって聞くだけでおしゃれディナーな感じがしますよね!スイスではフォンデュは冬定番の家庭料理。日本でいう鍋のような感覚…かもしれません。ワインを煮たてた香りが部屋いっぱいに広がり、ワインの中でとろっとろに溶けたチーズに肉やパンを絡めて食べます。ちなみに串に刺した具は鍋の中に落とさないのがマナー。ころころとチーズを絡めているうちにうっかり落としがちなので、気をつけて食べましょう。

そしてフォンデュに続くのがラクレット。スイスのチーズ料理で個人的に試してもらいたいと思うのが、山間部のラクレットです。都市部では家庭にラクレット用のチーズを溶かす機械があり、スーパーで買ってきたラクレット用のチーズを専用のスプーンの上において溶かすのが一般的ですが、山間部の家庭では直径30センチほどもある大きなチーズを半分に切ったものを鉄製の大きな機械にはめ込み、断面を均一に熱し、溶けたチーズを削り落として食べます。庭に置いた機械でチーズを落とし、集まったみんなで食べる様子はまるでBBQの賑わい。あつあつのとろけたチーズをハムやポテトに絡めて食べると、もう止まりません!

フォンデュとラクレットが主にフランス語圏出身であるのに対し、ドイツ語圏出身のチーズ料理もあります。今はスイス全土で食べられているレーシュティという家庭料理。細切りにしたジャガイモをしっかりと炒めながらフライパンの上でパンケーキのように固めていき、その上にとろけるチーズをたっぷりかけて出来上がり。元々は朝食として作り始められてものが、今ではチーズ以外にも卵やベーコン、玉ねぎを乗せるなどバリエーションが豊かな料理になってきています。

また、ドイツの山岳地方ではアルペンマカロニと呼ばれる、ジャガイモとマカロニをチーズであえた家庭料理が定番。カリカリになるまで香ばしく揚げられた玉ねぎを乗せ、さらに摩り下ろしりんごの甘いソースをかけて食べます。日本人にはメインディッシュがデザートと合体したような不思議な組み合わせに感じるかもしれませんね。

いかがでしたか。スイスの大自然の恵みともいえるチーズがふんだんに使われた料理、想像するだけでよだれが出てきそうです。スイスに行ったら是非試してみてくださいね!

ふぅ

大学時代、将来の夢がなくても、英語が出来れば将来役に立つ!と言われた1ヶ月後、人生初海外のオーストラリアへ短期留学。自分がいた世界の小ささに気付き、そこから旅を始める。バックパッカーで旅をした総期間は3年。旅を通じて習得した英語を磨き、英語教授法TESOL習得後、英会話教師となる。旅中で出会ったフランス人と結婚し、現在1児の母。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします