隠れた食の都ベルギー!本場で絶対食べてみたいおすすめベルギーグルメ

イタリア料理やフランス料理は世界的に有名ですが、今日はヨーロッパの隠れた食の都、ベルギーのグルメを紹介します。ベルギーはフランスに隣接しているので、ベルギー料理はフランス料理に似ていることが多いのですが、ベルギーならではの食材や、ベルギーでしか食べられない本場グルメがあるので、見逃せないポイントをお伝えしましょう!

誰にでもなじみのあるフライドポテトは、どこから来たものか知っていますか?実はフライドポテト発祥の地はベルギーなんです。フライドポテトにそんなに味の差がつくものだろうかと不思議に思いますが、フランス人ですらベルギーのフライドポテトはフランスでは見つけられないと言うほど、ベルギーのフライドポテトは有名。オススメは街角に立っている「Friterie」と書かれた屋台のフライドポテト!ポテトに色々選べるソースが付いてくるのもベルギーらしさです。筆者が驚いたのは、その中の一つ「サムライソース」。わさびでも入っているのか!?と思いきや、マヨネーズとケチャップにチリが入ったピリ辛ソースでした。揚げたてのアツアツにお好みのソースをつけて召し上がれ!

次に紹介したいのはチポラタと呼ばれるソーセージ。なかなか聞きなれない名前ですが、これはベルギー人が自負する最高のソーセージだそうです。隣国フランスでも見つけられないというチポラタは、長くて蚊取り線香のようにぐるぐる巻きになっているのが特徴。長いので、かじらずにフォークとナイフで切り分け、ポテトや添え野菜と一緒に食べます。ソーセージらしいジューシーなお肉ですが、ベルギーでしか食べられないので試す価値アリです!

レストランに行ったら見逃せないのはムール貝。ムール貝のみ食べ放題のお店もあり、オーダーするとバケツにたっぷり入った貝がやってきます。あっという間にテーブルの真ん中は貝のガラの山。白ワインで蒸してあったりバターガーリックソースがかかっていたりと、食べ方も様々です。現地の人々はワインとムール貝だけで何時間もお喋りを楽しんでいますよ。

デザート編は、日本でもよく知られているベルギーワッフルとベルギーチョコレート!ワッフルは筆者自身も日本で売られているものとの違いを感じました。小さな店や屋台で売られているワッフルを頼むと、フルーツやソースのトッピングを選ぶことができます。本場のワッフルがやっぱり美味しいのかどうかはさておき、一言で言うと…激甘!これは相当の甘いもの好きでないと胃にもたれるかもしれません。ベルギーチョコレートは苦味のある味わいです。世界中で食べられているチョコレートなので日本でも楽しむことができますが、せっかくベルギーに行ったらお土産に買いたいですね。ちなみに筆者はマリーチョコレートを購入しました。ベルギー王室御用達だそうです。

そして最後に紹介したいのがベルギー出身の野菜、シュー・デ・ブリュッセル。名前からしてザ・ベルギーです!見た目はミニキャベツという感じでとっても可愛いのですが、少し苦味の伴う独特の風味が特徴。生では食べられません。レストランではステーキに添えられていたり、刻んでポテトと和えてあったりと色々な料理に使われているので、試してみたい人はお店で聞いてみてくださいね。

世界的に有名なものもベルギーでしか食べられないものも、せっかくの旅行先で食べてみたいものばかりです。訪れたら是非試してみましょう!

ふぅ

大学時代、将来の夢がなくても、英語が出来れば将来役に立つ!と言われた1ヶ月後、人生初海外のオーストラリアへ短期留学。自分がいた世界の小ささに気付き、そこから旅を始める。バックパッカーで旅をした総期間は3年。旅を通じて習得した英語を磨き、英語教授法TESOL習得後、英会話教師となる。旅中で出会ったフランス人と結婚し、現在1児の母。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします