本場韓国で食べてみたい!日本では見つけられない韓国ローカルグルメ

韓国ブームが沸いてから、韓国への渡航者が一気に増えましたね。隣の国ということもあり日本からのアクセスがとても良いのも理由の一つです。美容やショッピングが有名ですが、韓国ではグルメも見逃せません。日本にもキムチやピビンバなどの定番メニューからインスタント麺に至るまでたくさんの韓国食品が入ってきていますが、今日は日本ではあまり聞きなれない韓国グルメを紹介します。

まずはドジョウ汁!韓国ではチュオタンと呼ばれています。レストランにはキムチが食べ放題のところが多く、定番白菜キムチの他にカクテキやカッキムチなど色々ある中から好きなものを食べるぶんだけ取ります。そんなキムチを汁の中に入れても良しですが、薬味として青唐辛子やおろしにんにく、ニラなどがあるので好みで入れましょう。精力増進剤としても食べられるドジョウ。ドジョウは日本で食べることはほとんどないので、ちょっと食べるのに勇気が要りますが、これが全く生臭くなく、意外と美味しい!生きたままのドジョウをそのまま煮たものと、すりつぶしたものを汁にしたものの二種類があるので、ドジョウか…と後ずさりしてしまいそうな人はすりつぶしたチュオタンに挑戦してみましょう!ちなみにチュオ饅頭と呼ばれるドジョウの餃子もあります。チュオ饅頭は普通の餃子と違いがわからないほどにドジョウが感じられない一品。ドジョウ料理の手始めにいいかもしれませんね。

そしてスンデ。言うなれば韓国風ソーセージです。このスンデ、好きな人と嫌いな人にぱっくり分かれます。筆者は…。初めて見たスンデは煮込み料理に入っていたのですが、見た目は太い春雨が束になって詰められているもの、という感じでそれが何かはその時わからないまま、ただ食べ慣れない味に残してしまいました。二度目は、写真では見るからにおいしそうなサラミだったものをオーダーすると出てきたのがまたもやあの煮込み料理に入っていたものと全く同じもの!これがスンデだったんですね。写真と実物に差がありすぎてビックリです。さて、スンデとは何かというと、豚の腸に、もち米と香味野菜、さらに豚の血液を混ぜたものを詰めて蒸したもの。豚の血液が入っているところがギョッとしてしまいますね。でもこれ、好きな人には病みつきになる味だそうですよ。一度試す価値はありそうです!

最後に、筆者が究極の納豆料理だと思うチョングッチャン。スープに納豆と味噌とチゲを全部入れて混ぜてしまった…という感じでしょうか。見た目は赤黄色のぐつぐつと煮立ったスープで食欲をそそるのですが、そこから納豆のニオイがするのがなんとも異様です。食べ方は、このチョングッチャンを誰もが良く知るあのピビンバにかけて食べるんです!オーダーすると運んでこられるご飯に、自分で白菜、豆もやし、ほうれん草のナムルを乗せてチョングッチャンを流し込みます。日本では有り得ないコンビネーションがどんな味を作るのかと思いきや、これが絶妙に合うのであっという間に完食。知らない日本人に是非試してもらいたい韓国グルメです!

いかがでしたか。韓国にはまだまだ日本では知られていないローカルグルメがたくさんあります。グルメ発掘を楽しみながら旅を楽しみましょう!

ふぅ
大学時代、将来の夢がなくても、英語が出来れば将来役に立つ!と言われた1ヶ月後、人生初海外のオーストラリアへ短期留学。自分がいた世界の小ささに気付き、そこから旅を始める。バックパッカーで旅をした総期間は3年。旅を通じて習得した英語を磨き、英語教授法TESOL習得後、英会話教師となる。旅中で出会ったフランス人と結婚し、現在1児の母。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします