努力なしには辿り着けない絶景!ニュージーランドでグレート・ウォークを歩こう

ルートバーン

世の中には数多くの絶景が存在します。中には世界中から観光客を集める絶景、ほとんど人が足を踏み入れることのない秘境での絶景、色々ありますよね。でも、あまりに観光客が多すぎる場所でみる絶景と、人が少ない中独り占めできる絶景では感動に差がでてきます。今日は、ニュージーランドで穴場絶景がたくさん詰まったトレッキングコースを紹介します。

自然大国のニュージーランドには、数え切れないほどの絶景スポットがありますが、その中でも独り占めできる絶景を見つけるためには、やはり観光客が日帰りで行けないところに行かなければいけません。ニュージーランドはトレッキングが国技に近いとも言えるほどに人気のスポーツの一つ。トレッキングはニュージーランドでは「てくてく歩く」という意味を持つトランピングという言葉が使われ、多くの人に親しまれています。そのため、グレート・ウォークと言われる9つの代表トレッキングコースの他にも、数多くのトレッキングコースが国中にあります。車で誰でも行ける場所でないからこそ、人里から離れて守られる絶景。どのトレッキングコースも大自然の中にありますが、とりわけグレート・ウォークはトレッカーが多いためにコースの安全面にも高い配慮がされています。トレッキング初心者でも挑戦できるのが魅力ですね。

ルートバーン
ルートバーン

筆者が一番オススメするトレッキングコースは、南島にあるニュージーランドで一番有名なミルフォード・トレック…ではなく、そのすぐ近くにあるルートバーン・トラック。筆者はルートバーンに続くグリーンストーン・トラックと組み合わせて5日間歩き続けましたが、とりわけ絶景が集結していたと思ったのはルートバーンです。序盤はまるでジブリの世界に迷い込んだかのような、みずみずしい緑が広がる原生林。つり橋からは激しく水の流れる渓谷を見下ろせます。大きく広がる平野を抜けると、いくつもの滝が重なり一つの巨大な滝を形成しているルートバーン滝。日差しの角度によっては、いくつもの虹が同時にかかる絶景を見ることができます。そしてハイライトはフィヨルドランドの万年雪を称える山々を見下ろす道。歩いても歩いても、眼下に広がる絶景。そして夏でも雪の残る山道の途中にはハリス湖をはじめとするいくつもの美しい湖が現れます。面白いことに、それぞれの湖はコバルトブルーだったりエメラルドブルーだったり、違った色をしていて、澄んだ空気の中眺めていくと魂が浄化されていくような気分になります。

トンガリロ・クロッシング
トンガリロ・クロッシング

さすがにキャンプはできないけど、ニュージーランドのトレッキングで絶景に出会いたい!という人にオススメなのはトンガリロ・クロッシング。グレート・ウォークの中で、唯一一日で歩ききることのできるコースですが、他より短いからといって侮れません。コースの中にはいくつもの絶景ポイントが隠れています。トンガリロ・クロッシングの見所は火山と荒野が作り出す絶景。そして、硫黄の臭いが漂う中見渡す荒野に突如現れる巨大なクレーターや、異様な色をした湖。世界の果てに来たかのような気分になります。トンガリロ・クロッシングは大体所要時間7時間と言われていますが、いくら1日といっても長すぎる!と思う人には、周辺に3、4時間で回れるトレッキングコースがあります。青空の下に映えるタマ湖を見に行くコースがオススメ。

トラックを歩かない限りは絶対に出会えない絶景。自分の足で辿り着いたという達成感と充実感が、絶景をさらに特別なものにしてくれます。ニュージーランドを訪れた際には、是非「トランピング」に挑戦してみてくださいね。

ふぅ
大学時代、将来の夢がなくても、英語が出来れば将来役に立つ!と言われた1ヶ月後、人生初海外のオーストラリアへ短期留学。自分がいた世界の小ささに気付き、そこから旅を始める。バックパッカーで旅をした総期間は3年。旅を通じて習得した英語を磨き、英語教授法TESOL習得後、英会話教師となる。旅中で出会ったフランス人と結婚し、現在1児の母。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします