ヨーロッパとアジアの融合!フィリピンのローカルフードを堪能する旅

日本から気軽に行ける南国フィリピン。日本からLCCが出ている上に、物価も安いので人気があがってきている目的地の一つです。スペインの植民地時代の名残を色濃く残す大都市マニラと、きれいな海に囲まれてまさに南国気分を味わえるセブ島が特に旅行先として人気がありますが、どちらでもフィリピン料理を楽しまずしては帰れません。今日はフィリピングルメを紹介します。

フィリピンの美しい島々と海を楽しむための定番ツアーがアイランドホッピング。このようなツアーには大体BBQがついてきます。基本的には焼き鳥!唐揚げのような豪快な大きさのチキンが串に刺さって焼かれたものがバナナの葉の上に乗ってきます。マリネされてから炭火で焼き上げられる焼き鳥はチキン・イナサルと呼ばれ、現地の人にも大人気。リエンポと呼ばれる豚肉バージョンも同じく美味しいです。そして新鮮なマンゴーやランブータンなどのフルーツ。フィリピンBBQはとてもシンプルで、肉・ご飯・フルーツと言った感じ。でも、これを透き通った海を見ながら木陰で食べると味も格段に良いですよ!

スープを飲みたくなったらシニガンというスープがオススメ。野菜がこれでもかというほど入っていて、タマリンドの酸味が利いていくらでも飲めそうな気がします。肉料理に疲れたら栄養価の高いシニガンでほっこりしてください。ただし、レストランで頼むと1人前ではなく大きな器にたっぷりと入ったものが来ることが多いので、どれくらいの量かは注文する前に確認しましょう。

フィリピンの食文化にも、スペインの植民地時代の名残が残っています。例えば、パエリア・バレンシアーナ。名前から、スペインのバレンシアのパエリアでしょ?と思ってしまいますが、フィリピンではもち米で作られるため、スペインのパエリアのようにお米がぱらぱらしていません。新鮮な魚介がたっぷり入って、ボリューム満点の一品です。

他にもスペイン文化を感じられるのはトマトソースを使った料理が多いこと。他の東南アジアの国ではトマトソースの料理はなかなか見かけませんよね。フィリピンでよく食べられているのがティラピアとバングースという魚で、どちらも海水と淡水が混ざるところに生息している、さっぱりとした白身の食べ易い魚です。このバングースをトマトソースで味付けしたレリエノン・バングースもフィリピンで試したいメニュー。ミンチしたバングースと野菜の詰め物で、ご飯が進む味です。

紹介したのは全て現地の人が食べるローカルフードで、値段も300円くらいからと手頃です。高級料理店に行っても2000円以下の物価の安さなので普段食べなれないものでも試し易いですよね。フィリピンで是非お気に入りの一品を見つけてみてください。

ふぅ
大学時代、将来の夢がなくても、英語が出来れば将来役に立つ!と言われた1ヶ月後、人生初海外のオーストラリアへ短期留学。自分がいた世界の小ささに気付き、そこから旅を始める。バックパッカーで旅をした総期間は3年。旅を通じて習得した英語を磨き、英語教授法TESOL習得後、英会話教師となる。旅中で出会ったフランス人と結婚し、現在1児の母。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします