旅をもっと安く楽しく!旅先で移動費を節約するためのポイント

バックパッカーにとって旅費の節約は旅を続ける上での大事なポイント。安いホステルに寝泊りしたり、自炊したり、色んな節約をしながら旅を続けます。でも、どうしても避けられないのが移動費。短い距離ならそんなにかからない電車賃でも、長距離になり、それが度重なると結構な金額になりますよね。今日は、移動費をちょっとでも減らすための節約術をお伝えします。

一番手っ取り早いのはヒッチハイク。ただし、これは本当に国を選んでください。女性の一人旅の場合は安全の面からもオススメできません。でも例えばどこかの島へ行ったときなど、島内の移動はヒッチハイクでも比較的安全です。交通手段が発達していない島の場合は島民達は助け合って生活していることが多いので、旅人も快く乗せてくれることがあります。近年、だいぶ減ってきたヒッチハイカーですが、オセアニアではまだよく見られます。ただし、リスクがあることを忘れないでください。ヒッチハイクでの移動を考えている人は、万が一のために身を守れるものを携帯してくださいね。

最も安全で確実な上にコスパが良いのはやはりバスです。日本でもそうですが、夜行バスはやっぱり安い!また、同じ会社の長距離バスを何度も利用する人は、バス会社が発行するパスなども調べてみてください。例えばカナダやオーストラリアのグレイハウンドなどは、移動距離や使用期間などによって違う種類のパスを売っています。このようなパスには学割やホステルメンバーシップを持つ人への割り引きもあるので要チェックです。

物価の高いヨーロッパでの移動手段として、カーシェアリングというのがあります。カーシェアリングとは、その名の通り、一台の車をシェアすること。要は相乗りです。日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパには多くのカーシェアリングのウェブサイトがあります。一人や二人など、少ない人数で長距離移動をするドライバーが、移動のためのガソリン代を浮かせるために空いた座席に乗り込む人を募集しているんです。日程と出発地・目的地が合わなければなかなか難しいですが、多くのドライバーが常に募集をかけているために、案外見つかるもの。長距離移動中に一台の車の中で目的の違う旅行者同士、話が盛り上がってその後ずっと友達関係が続くということも珍しくありません。近年ではカーシェアリングのサイトは安全性への配慮のため、個人情報を含むメンバーシップ登録が必要なサイトが増えてきました。リスク回避のためにも、登録が必要なサイトで利用したほうが良いかもしれませんね。

オーストラリア・ニュージーランド、アメリカでの長距離移動にオススメなのがTransfercar。これはレンタカー会社が、国内の違う拠点へのレンタカーの移動が必要なために、その距離を走ってくれる人へ無料でレンタカーを貸してくれるという仕組みです。レンタカー会社はドライバーへの人件費を削減することができ、借りる人は無料でレンタカーが借りられる上に保険もガソリン代も付いてくるというなんとも画期的なシステム!移動するための時間は決められていますが、ゆっくりとドライブをしても大丈夫な余裕のある日程をもらえるので、旅の移動にはもってこいです。お金がかからずにプライベートの旅を楽しめるなんて最高ですよね。

いかがでしたか。不特定多数の人が利用するウェブサイトを通じてのサービス利用は、どうしてもリスクが伴いますので注意が必要ですが、こんなサービスを通しての新しい人との出会いの価値も計り知れません。安全面に注意を払いながら、旅費を削減して旅をもっといいものにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします