旅のコストと質をベストにしたいバックパッカー初心者へのススメ

リュック一つで旅をするバックパッカーというと、節約旅行というイメージがありますが、大きなスーツケースでリゾート旅行をするのとは確かに大きな差があります。安いホステルに泊まって、スーパーで買った食材で自分で食事を作り、ローカルバスで移動する。贅沢はできませんが、そんな旅スタイルだからこその魅力がたくさんあるから、世界中にバックパッカー達がいるんですね。そんなバックパッカーになってみたい人へのオススメを紹介します。

初めて一人でバックパッカー旅へ挑戦したいという人へオススメしたいのが、オーストラリアのツアー会社INTREPID。個人的に、一人旅の醍醐味は「出会い」だと思う筆者には、自分からはなかなか友達作りに踏み出せないという人でも違う国の友達が出来るINTREPIDのツアーはとてもオススメです。INTREPIDは決められた国の決められた場所に参加者が集まり顔合わせをした後、皆で一つのバスに乗って旅を始めるというスタイル。ガイドは現地人で、普通のツアーでは聞くことのできない話をしてくれたり、観光客はなかなかできない体験をさせてくれることもあります。一人で参加すれば、他の一人参加者と同じ部屋で寝ることもあり、英語が苦手でも周りのみんなが助けてくれます。旅の終わりには色々な面において自分が成長したことを感じられることでしょう。

旅費削減と現地での出会い、両方を助けてくれるのはカウチサーフィン。英語でソファーを意味するカウチをサーフィンする、要するにソファーでいいので寝床を提供してください!という宿泊費を節約したい旅行者のために作られたコミュニティーサイト。無料登録すれば、旅行者として寝床を借りることも、ホストとして提供することもできます。カウチサーフィンでは、旅行者や現地人が集まれるイベントを開催したり、宿泊に限らず現地の人に1日観光案内をお願いしたりすることも可能。でも、女性の一人旅においてのカウチサーフィンは注意が必要です。男性のみのホストや評価の低いホストはなるべく避けましょう。カウチサーフィンが有名になってから、残念ながら女性の旅人を狙ってホストをしている男性が急増しています。ホストの評価ページから、実際にそのホストと会った女性に直接連絡を取って聞いてみるというのも一つの手です。旅費削減以前に、自分の身を守ることが一番大切だということを忘れないようにしてくださいね。

限られた荷物しか入らないバックパッカーには何を入れますか?初めての旅となれば、ガイドブックは必要不可欠!と思うかもしれませんが、初めてのバックパッカー旅行だからこそ、ガイドブックはオススメしません。一番簡単で確実な観光情報は、泊まったホステルで聞いてみること。観光本には絶対に載ってない情報を教えてもらえるかもしれませんよ。現地でのツアーにしても、日本からインターネットで頼むより現地で情報を得てツアーを申し込んだほうがずっと安く済むことがほとんどです。最近では海外でもスマートフォンが使えるので、持って行くと何かと便利ですが、盗難には十分に注意しましょう。

いかがでしたか。一人旅は思い切って出発するまでが大変かもしれませんが、一歩旅を始めた瞬間からあなたはバックパッカー。何もしなくても思い出になる一日がやってきます。
安かろう悪かろうではなく安かろう良かろうの旅にしてみせましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします