航空会社のクレジットカードを上手に利用!マイルを溜めて海外へ飛び立とう

Photo by Airport Runway by Nick Page, on Flickr

海外旅行にするにあたって、日本出発ならほとんどの人が必ず利用するのが飛行機。今日はクレジットカードを上手に使って旅のコストダウンを狙う方法を紹介します。

マイルという言葉は誰もが聞いたことがあるかと思います。航空会社が使っているポイントプログラムのことですね。旅によって毎回安いフライトをとっていた筆者は、同じ航空会社を使うことはなかなかないという思いから、マイルにあまり興味を持っていませんでした。今思えば、かなり損をしてきたなぁと感じさせられるところです。日本の主な航空会社は、JALとANAの二社です。両者とも、マイルだけでなく他の会社のサービスと融合した様々なサービスを提供しています。はっきり言って、日本の航空会社は海外の航空会社よりサービスが良い分高いので、筆者はどちらのフライトも利用したことがありませんでした。しかし、今は「航空連合」というのがあるんです。世界にある航空連合は現在3つ。ワンワールド、スターアライアンス、スカイチームです。JALはワンワールドに、ANAはスターアライアンスに加盟しています。世界の大手航空会社のほとんどがこのいずれかに加盟していて、同じ航空連合内ならマイルを自由に使うことができるというのが一番のポイントなんです。例えば、JALのマイルなら、同じワンワールドに加盟しているキャセイパシフィック航空の利用ができるということですね。

マイルというのは、シンプルにカードのポイントというわけでもありません。例えば同じANAのカードでもJCBだったりVISAだったりありますよね。買い物してたまるポイントはそれぞれのブランドのポイント。それをマイルに返還できるんですが、年会費を払えばその返還率が二倍になったりします。飛行機を利用すればもちろんカードを使っての購入でなくてもマイルが溜まり、溜まったマイルを利用してのチケット購入なら、さらに割引されたりします。普段の生活でのカード利用から、次の海外旅行へ向けてのマイルが稼げるなんてお得です。

これらのカードは年会費がかかるんですが、筆者がオススメしたいもう一つのポイントが、海外旅行保険の付帯。筆者は海外旅行保険が無料で付いてくるクレジットカードをいくつか作って、その他の海外旅行保険には加入せずに旅をするスタイルをとっていましたが、年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険がついているものはかなり減ってきました。マイルをためるついでに持っているこのカードで、海外旅行保険が付いてくるなら一石二鳥です。ただし、一般カードでは携行品損害や賠償責任などはついてこないので、旅に必要なものは他で補うようにしましょう。

マイルはポイントよりも還元率が良いので、旅行する人によっては他のカードで違ったポイントを得るよりもお得なことがほとんどです。航空会社のクレジットカードを上手に使って、旅のコストダウンに繋げてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします