Airbnbでローカル情報と素敵な宿泊場所をゲットしよう

Photo by Bewilderwood Treehouses by Spencer Wright, on Flickr

旅を低コストにするためにも充実させるものにするためにも、一番重要なものとは何でしょうか。それは情報です。特に現地のローカル情報は何よりも旅の助けになるものです。でも、初めて訪れた新しい国で現地の人と知り合って自分のためになる情報をもらうのってなかなか難しいですよね。今日は、現地の人と知り合うためにオススメしたいAirbnbを紹介します。

Airbnbとは、アメリカから始まり最近日本でも広まってきたウェブサイトです。家に空いている宿泊スペースを貸し出すというサービス。値段はホストが設定できるために様々で、高級ホテル並みの値段もあればホステルより安い値段で提供しているところもあります。カウチサーフィンは現地の人の家の宿泊スペースを無料で提供してもらえるというところが魅力ですが、筆者がAirbnbを薦めたい理由は、あえてお金を払っていることでリスクを軽減できるという点からです。カウチサーフィンではお金のやり取りが発生しないがために、別の見返りを求めるホストがいることは否定できません。特に女性の一人旅となると、ホストの見極めが大変重要になってきます。その点、Airbnbではお金を払っている分、ホストもゲストを客として迎えてくれます。リスクマネジメントの面でも安心できますよね。

そして何より、ホテルやホステルと違うところはその土地に住むホストに、ローカルならではの情報を教えてもらえるというのが最大の利点です。ガイドブックには載っていない情報や、旅の仕方のアドバイスをしてもらえたり、仲良くなればホストとゲスト以上の友達関係になることも珍しくありません。ホテルの従業員と友達関係になることはそうないですよね。ホストと一緒に外食すれば、現地の人しか知らないグルメにありつけるかもしれませんし、車がないと行けないようなところに連れていってもらえることもあるかもしれません。自分だけでは知れないことやちょっと難しいこともホストの助けで手が届くようになるのです。

さらに面白いのは宿泊形態。部屋らしい部屋が宿泊場所とは限りません。テントやクルーザーの中などはもちろん、ツリーハウス、お城、幌馬車、さらにはイグルーまで多種多様です。特別な旅行なら、特別な宿泊形態にしてみるのもきっと素敵な思い出になりますよね。ツアー会社などを通してこんな宿泊形態を探せばとっても高くなってしまいますが、目的地のAirbnbで探せば、もしかしたら思いがけないお手頃価格で見つかるかもしれません。

190以上の国々で使われているAirbnb。アカウントは無料で作成でき、ホストとのお金のやり取りもAirbnbを挟むので安心です。現地の人とのコミュニケーションを通して、旅をさらに素敵なものにしてみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします