海外旅行にも、週末のレジャーにも!全てがお得になるユースホステル会員証

Photo by Earby Youth Hostel by Andrew Bowden, on Flickr

海外旅行で安い宿泊先!となれば、まず考えるのがホステルです。中でも全世界約80カ国、4000箇所以上のホステルを有するユースホステルは、どの国を旅行するにあたっても利用する可能性が高いでしょう。ホステルと名前がつけばどこでも一緒だろう、と思っている人も多いかと思いますが、使い方によっては他よりもかなりお得な旅にすることができるのが、このユースホステルの利用。今日はユースホステル利用のポイントを紹介します。

日本にはもちろん、旅行先ではかなりの確率で見つけられるユースホステル。旅先での宿泊先をユースホステルのみにしぼって旅をするとさらにお得な旅になります。その際に持っていたいのがユースホステル会員証。国によって違いますが、例えば日本なら会員証があるかないかで600円も差がでます。一日600円違えば、一週間の旅なら4200円も割引になるんです。日本で作れば、世界中どこのユースホステルでも使うことができます。

さらにこの会員証を持っていることで、旅に便利な色々な割引を受けることができます。例えば周遊旅のコスト削減のために大活躍する長距離バスや長距離列車の割引が受けられたり、博物館など施設の入場料が割引になったり。お土産の割引をはじめ、日本でも使える割引サービスがたくさん!旅中だけでなく、日本にいる間の休日レジャーで特典が受けられるのも嬉しいですよね。

中にはとても面白いユースホステルもあります。筆者が泊まったユニークなものには、元刑務所がそのままホステルになってしまったオタワのユースホステル!

Photo by HI Jail Hostel. by Brian Burke, on Flickr
Photo by HI Jail Hostel. by Brian Burke, on Flickr

囚人がここで寝泊りしていたんだろうなぁと容易に想像がつく、がらんとした殺風景な内部。鉄格子の中で寝泊りするなんて、そうそうできる経験ではありませんよね。廊下からまるで囚人になったかのような記念撮影をするのが定番です。ストックホルムにある本物のジャンボジェット機に泊まれるユースホステルもかなりユニーク。日本にもツリーハウスに泊まれるユースホステルがありますよ。安く泊まれるだけでなく、面白い経験になるなんて一石二鳥ですよね。

一人旅にはとくに安くなるホステル。海外では、一部屋単位で料金が設定されますが、シングルベッドの一人部屋を備えているところは限られています。そんなところに宿泊すれば、一人も二人も値段は一緒。ホステルでは、ドミトリーなどで他の旅人と同じ部屋で寝ることで値段がぐっと安くなったり、宿泊客が少なければ広い部屋を自分だけで使えてしまうなんてことも珍しくありません。人との出会いも旅の醍醐味の一つ。ホステルで出会いの機会を増やしてみると旅がもっと楽しくなるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします