ボリューム満点のヤミツキグルメ!ギリシャで楽しむファーストフード

Photo by Gyro Pitas by Luca Conti, on Flickr

数あるヨーロッパの国の中でもミステリアスな歴史の名残を今にはっきりと残す国の一つであるギリシャは、多くの人がいつか訪れたいと願う国。今も小高い丘に建つアクロポリスで神殿を目の前にすると、ギリシャ神話ファンだけでなく全ての人をタイムスリップさせるかのような不思議な感覚にさせます。そんなギリシャでは独自のB級グルメが発達しています。地元の人が愛して止まないギリシャのファーストフードを紹介します。

まずはギリシャのB級グルメを代表するピタ!見た目がまるでケバブだったので、筆者はてっきりケバブのギリシャ版だと思っていたのですが、そう言うと現地人に思いっきり否定されました。ケバブと一緒にするな、と。さて、何が違うかと言うと、まず肉の質。ケバブの肉は、使い物にならない、もしくは細切れにしかならない肉の切れ端を集めて肉塊にし、焼きなおしたものを切り落として使うのに対し、ピタの肉は肉の美味しいところをあえて集めて肉塊にしているのだそうです。平たく丸いピタパンの中に、削がれた肉とトマトやオニオンを挟み、その上にたっぷりとソースをかけて頂きます。確かにとってもフレッシュでボリューム満点の一品。ギリシャ観光の食べ歩きランチならこれで決まりです。

そしてスブラキと呼ばれるギリシャの串刺し肉。食べ応えのある結構大きなチキンやラム肉が串に刺さってグリルで焼かれています。屋台から漂う匂いについつい誘われて行ってしまいますが、串なので食べやすく、ジューシーで美味しい上にお手頃価格なので大満足させてくれます。このスブラキをピタパンに挟んで食べるのもギリシャでは定番の食べ方です。

ギリシャの家庭料理の定番でもあるのがムサカ。見た目はラザニアみたいで、こんがりと焼き色のついたチーズがたっぷりかかっているのですが、中に入っているのはパスタではなくナスとジャガイモ。薄くスライスしたナスとジャガイモに、ミートソースとベシャメルソースが層になって重なった上にチーズがかかっています。シンプルですがこれこそがギリシャ国民にとっておふくろの味とも言える料理。食べる機会があれば是非試してもらいたい一品です。

そしてサラダはフェタチーズと一緒に食べるのがベスト。イメージがないかもしれませんが、実はギリシャはチーズ消費量が世界的にも多いチーズ大国なんです。フェタというのはギリシャを代表するヤギのチーズ。真っ白でコロコロしています。特徴はかなり強い塩味。グリーンサラダと一緒に食べれば、塩気がちょうど良いアクセントになって野菜がたくさん食べられます。

いかがでしたか。観光の魅力たっぷりのギリシャは楽しめるグルメもいっぱいです!お気に入りのB級グルメを見つけてみてくださいね。

ふぅ
大学時代、将来の夢がなくても、英語が出来れば将来役に立つ!と言われた1ヶ月後、人生初海外のオーストラリアへ短期留学。自分がいた世界の小ささに気付き、そこから旅を始める。バックパッカーで旅をした総期間は3年。旅を通じて習得した英語を磨き、英語教授法TESOL習得後、英会話教師となる。旅中で出会ったフランス人と結婚し、現在1児の母。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします